SFAでは複数の案件を管理する仕組みがある

営業業務の初心者とベテランでは営業成績が大きく異なります。
異なる理由として同時進行している顧客数に違いがあるようです。
ベテラン社員は複数の顧客に対して提案をし、それぞれに対して適切な対応ができます。
一方初心者は一つの顧客に対してもなかなかうまく対応できていない状態なので、なかなか複数の顧客に対応するのは難しいでしょう。
対応できる顧客の数が異なれば当然成績にも差が出ますし、会社の業績への貢献度も違ってきます。
これまでなら初心者には少ない顧客から慣れてもらう必要がありましたが、SFAを導入することで少し事情が変わるかもしれません。
SFAには案件管理のツールがあり、顧客ごとの進捗度合いなどを登録してシステム上で管理ができます。
入力するだけで行えるので、初心者でも問題なく使えるでしょう。
ベテラン社員はより効率的に案件が管理できるようになりますし、初心者は通常よりも早く複数の顧客への対応ができるようになります。