パソコンを使うのが当たり前になったからSFAがいい

今から30年前といえば1990年頃になりますが、企業の一部でようやくパソコンの導入が始まった頃かもしれません。
まだ携帯電話は一般的ではなくもちろんスマホもありません。
多くの事務作業は手書きなどで行う時代で今と比べるとかなり違っていました。
今はパソコンやスマホを使うのが当たり前で、新入社員教育でパソコンやスマホの使い方を教えるなどはあまりないでしょう。
役員やベテラン社員もパソコンやスマホに慣れている人が多いです。
こんな時代だからこそ出てきたのがSFAと言えるかもしれません。
営業の業務を支援する仕組みですが、経理や人事などの業務に比べるとシステム化が遅れていた営業部の仕事を効率化してくれます。
もしパソコンが普及していないときにSFAが出ていてもなかなか企業は導入できなかったでしょう。
今は誰もがパソコンを使いこなせるので、導入すればすぐに社員はSFAも使いこなすでしょう。
ベテラン社員よりも若手の方が使いこなすかもしれません。