SFAとCRMにはどんな違いがあるか知る

経理部には会計システム、人事部には人事管理や給与システム等コンピュータによる管理システムがありました。
営業部で使われる管理システムとしてはCRMがあり、こちらは顧客管理システムと呼ばれています。
営業の仕事にとって顧客は非常に重要ですが顧客の情報は変化が激しいので人の記憶だけに頼るのは非効率です。
CRMがあれば顧客情報の変更や担当者の変更なども行えるので、長らく営業業務を支援するシステムとして使われてきました。
一方営業の業務を管理できるシステムとしてSFAが注目されてきて、既にCRMを導入している会社からはどんな違いがあるのか気になることもあるようです。
CRMは顧客管理に限定した管理システムなので、営業の業務や行動を管理する仕組みはありません。
逆にSFAはCRMのように顧客管理をする仕組みはありませんが、顧客管理システムとの連動ができるタイプが多いです。
ベンダーによってはSFAの中にCRMの機能を組み込ませて提案するケースもあります。